コンテンツへスキップ

紙の節減

紙を節減する上で最も大切なのは、当然、コピーの枚数を減らすことが大切です。私の会社では、報告書や資料を除き、全ての印刷を4アップ(4ページ分を1ページにまとめて印刷)を義務づけています。当然、両面コピーもです。違反者はボーナスが減額されるといった文言が会社規則にも記載されているため、故意に違反する人はいません。

ゴミの減少

ゴミはしっかりと分別すれば資源となります。資源はもはやゴミとは別なので、燃えるゴミに関しての記述となります。
普段の食事に使用するお箸、コップは持参。(マイ箸、マイコップ持参活動という名称で会社規則に掲載しています)さらに、コンビニなど外で購入した物を会社で捨てることを禁止しています。そのため、私の会社ではほとんどゴミは発生しません。

節電対策

電気ひとつひとつに紐でスイッチをオンオフできるようにしています。その紐の先に「管理担当者」というタグを付け、それぞれの電気に担当者名を付けています。不要な時、不要な場所の電気は消すというルールを徹底し、これも違反者にはボーナス減額といった厳罰が会社規則に掲載されています。

結局は、どの環境対策も社員ひとりひとりの意識が大切です。社員が一丸となって取り組める体制づくりを検討されることが成功の秘訣です。

PR|社員へのISO研修のご相談なら|