コンテンツへスキップ

最近まで勤務していた会社で、ISO研修ばかり受けていたのですが、変わった研修があり、それは“セクハラとパワハラ”について学ぶセミナーに参加しました。ちょうどその頃、私は上司からのパワハラを受けていて悩んでいた時期でしたので、そのセミナーで講師が説明された内容に納得したり、まさしく自分がされていたことと同じだと思いながら聞いていました。それに比べて、周りの人たちは眠そうだったり退屈そうにしていました。セクハラやパワハラは自分が経験しないと分かりませんし、経験する前にセミナーで話を聞いても他人事だから退屈に感じるんだろうなと思いました。
ちなみに会社の方針で、このセミナーは全職員が受けなければいけないものでしたので、私にパワハラをしていた上司も同じ話を聞いたはずです。でも多分、自分がしている事がパワハラだとは気づいていないか、気づかないようにあえてしているのだと思いました。なぜならそのセミナーの後も彼の言動は変わりませんでしたので。それだけこの問題は取り扱いが難しいのだろうと思います。