コンテンツへスキップ

紙は真っ黒になるまで利用して

職場でも家でもやっていることですが、どちらか1面が白い紙であれば何でも取っておいて利用しています。職場でISOセミナーに参加したのがきっかけです。大きさも紙質もまちまちですが、取り敢えずまとめてクリップで留めてストックしておきます。メモをする機会は多い方だと思っていますが、ここ数年は市販のノートだの手帳だのは一切使わず、全て裏紙で賄っています。

職場の照明も蛍光灯の数を一気に3分の2程に減らしました。蛍光灯自体を間引いてしまって、最初は暗いな~と思っていたのですが、慣れれば不便さは全く感じなくなります。そして気がついたのですが、明るすぎるよりはやや暗い方が目が疲れにくいのです。個人的な感想なので全ての人に当てはまるとは思いませんが、細かな作業をする時以外は、今より一段階明るさを落としてみてもいいかもしれません。

もう一つ照明の効果を上げるために、机の向きも変えてみました。照明の位置は変えられないので、どうしたら自分の目に丁度いい感じになるのか、机の配置や向きを色々と調整しました。業務外のことなので時間外にこっそりやっているのですが、これだけでも意外と仕事の効率が良くなりました。